FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
日野クレアさんコンサート御礼
そして2日目は日野のクレアホーム&ガーデンさんで、お馴染み語りの高畑さん、歌のようこさん、ハーパーズカフェの4人で。

昨年も来ましたが、600坪のお庭に立つ洋館は圧巻です。
1クレア前景
バラが似合いますね。
3クレアさんお庭バラ
朝顔がまだ残っている入口から中へ。
2クレアさん朝顔入口
本当にここはまるでかの地にいるような気にさせていただける場所です。
4クレア逆光

まずは美味しいランチをいただきました。釜で焼かれたいちじくのパンが美味!
5ランチ
ケーキもね。
6お茶

さて本番。
今回はアイルランドと日本の国交60周年記念のアイルランド大使館認定イベント
認定
ということで、アイルランド縛り。
でゅら
たっぷりアイルランドのお話と歌、曲をお送りしました。
クレアライブ

お客さまでいらしてくださった、歌い手でもあられる竹内篤さんがFBにアップしてくださった文章を許可をいただいたので一部ご紹介させていただきます。

・・・・・・・・・・・・
11/4 は、日野のクレア・ホーム&ガーデンでHarper's Café、高野陽子さん、高畑吉男さんによる「秋の大祝祭」へ。
アイルランド・日本外交関係樹立60周年記念事業認定イベント、という由緒あるものに参加しました。
関西からはるばる出張公演、おつかれさまでした。
Harper's Cafe は、前日に続いて"The Rights Of Man" というホーンパイプ曲を演奏し、そのハープでのアレンジに魅了されました。
1791年、ウルフ・トーンによって創立されたユナイテッド・アイリッシュメンは、イギリスに対して1798年の春、アントリム、ダウン、ウェクスフォードで蜂起を起こしましたが、そもそもその蜂起へと突き動かしたのが、1776年のアメリカ独立宣言と1789年のフランス革命でした。
1791年にトーマス・ペインThomas Paine によって著述された論文、"The Right Of Man" (人間の権利)も蜂起を鼓舞したひとつで、当時アイルランドで広く読まれ、そのパンフレットは、「ベルファストのコーラン」としても知られるようになったそうです。
その著作名を冠したホーンパイプ曲に、トーマス・ペインへの敬意とアイルランド独立への願いが込められて、今日まで何世代にも渡って演奏し続けられてきました。
(セッション・チューンというわけではないでしょうが、お祝いの席でのハープ・チューンとしては定番の佳曲で、トーマス・ペインにちなんだ曲名から、アメリカのオールド・タイム音楽でも親しまれているようです。)

1976 The Chieftains の Bonaparte’s Retreat にも The Rights Of Man について次のような解説がされています。
The Rights of Man is a hornpipe composed in honour of Thomas Paine’s historical treatise refuting Burke’s Reflections on the Revolution in France. Paine defended the revolution, in paticular the adoption of the Declaration of the Rights of Man by the National Assembly, The tune reflects the respect felt by defeated Ireland for the aspiration to freedom embodied in Paine’s treatise, aspirations not to be realised in Ireland for another 120 years.
・・・・・・・・・・・・
Rights of Manについて、更に認識を深めました。竹内さん、ありがとうございます。

お客様に出されたケーキとお茶。
お客様によって色々な種類のケーキ違いが供されたようで、お客様同士で、それはなんですか?と話もはずんだそうです。
7ケーキセット
休憩時間には、クレアの山崎さんのご厚意により、抽選で全員にあたるアイルランドくじというのがありまして!
下はクレアさんの絵葉書から、1等賞はなんとケルティックなネックレスまであり、そしてケーキ以外に、アイルランド祭りということでアイルランドの象徴、3つ葉のシャムロックの形の美味しいクッキーやお稲荷さん、みかんまでご用意くださり、お客様にとても喜ばれていました。
9休憩時
昼間は暑いぐらいのよいお天気だったのに、コンサートが終わった途端、急に雨が降り出しましたが、いらしていただいたお客様、大丈夫でいらっしゃいましたでしょうか。
ありがとうございました。

終了後クレアさんの暖炉の前で4人で。
8.jpeg

というわけで、2日の東京ツアー、無事ハーパーズカフェ終えました。
個人的には反省点てんこ盛りなのですが、また次回に活かしていきたいと思います。
11卓上花
いらしていただいた皆様、お世話になった方々、共演者の皆様、写真データをシェアくださった方々、ありがとうございました!
【2017/11/12 10:43】 ライブ御礼 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://harperscafe.blog.fc2.com/tb.php/102-b7e004c1

プロフィール

Harper's Cafe

Author:Harper's Cafe
女性ハープデュオ、Harper's Cafeです。
二人ともハープを弾くことと
紅茶と英国とアイルランドが大好きで、
練習で集まるたびに紅茶とお菓子を
楽しんでいます。
カフェやギャラリー、美術館での演奏など
演奏依頼ご相談やコンサート感想など、
お気軽にどうぞ。
下のメールフォームからあるいは
harperscafe☆yahoo.co.jp
(☆を@へ変えてください)へどうぞ。

最新記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


Sally Lunn ~お日さまとお月さま~

QRコード

QR

カウンター

訪問者履歴

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。