スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
9/12 語りとハープのコンサートのお知らせ@ウッドノート
残暑お見舞い申し上げます。
暦の上では立秋を過ぎて、そろそろ暑さもひと段落してほしい今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

ハーパーズカフェ、9月のコンサートに向けて、ハーパーズカフェのかずこさん宅で、ストーリーテリングのmuさんとの打ち合わせ、リハをいたしました。
ブルターニュシードルと共に。ブルターニュの曲、弾きますよ。
お昼
そしてハーパーズカフェといえばやはりお茶も忘れずに。muさんご持参スコーンとチャイジャムが美味でした。
お茶

というわけで、9月のコンサートの詳細をアップ。

語りとハープの世界へようこそ
まだあなたが聞いたことのないお話、どこかで聞いたかもしれないお話。
吟遊詩人muが語り、ハープデュオ、ハーパーズカフェが音を紡ぎます。
語りとハープの音の異世界へ、どうぞお越しください
2015年9月ウッドノートJPEGチラシデータ
日時:2015年9月12日(土)15:00~(14:30開場)
料金:1,500円 +1オーダー お願いします
場所:カフェウッドノート(叡山電鉄一乗寺駅下車徒歩5分)
京都市左京区一乗寺大原田町23-3 
予約:ウッドノート TEL075-722-9302 (12:30-23:00火休)

出演:Harper’s Cafe(ハープデュオ)
    吟遊詩人 妙遊(mu)(ストーリーテリング・ハープ) 
   欧米の手法のストーリーテリングとハープの演奏を組み合わせたスタイル。
   ギリシャ神話、ケルト神話・伝説をメインに世界の神話・伝説を手がけています。
muさん

~梅田から一乗寺への行き方~(約80分)
梅田駅→阪急京都線特急→四条河原町(43分)四条通を東へ→
(徒歩5分)四条大橋を渡り京阪電車の祇園四条駅→出町柳行きに
乗車(8分)→終点の出町柳駅で、いったん改札を出て、地上にある叡山電車の出町柳駅で叡山電車に乗り換え(徒歩5分)→
一乗寺駅は3つ目。(一乗寺駅には本線、鞍馬線共に止まります)

<注意> 叡山電車一乗寺駅は無人駅で、改札がありません。
出町柳駅からスルッとKANSAI、ラガールカードなど、プリペイド
カードで乗車された場合、必ず電車の前方にある精算機カードを通してから降りてください。
通さずに降りると、次からカードを使用できません。
祇園四条駅から通しの叡山電車連絡切符(一乗寺駅まで20円お得♪)購入をお勧めします。
京阪電車の出町柳駅で一旦改札を出るので、改札で切符を取るのをお忘れなく!


今回のお話の内容は
トリスタンとイゾルデのお話
フィン・マックールとオシーンのお話
ダグザのお話
の3つになる予定です。

以下muさんのブログよりご紹介・・・・・・・・・

今回は時を遡りながら三つのお話を。

一つ目はトリスタンの物語。
トリスタンはコーンウォールの騎士。コーンウォールはケルトの言語の残る地域のひとつです。
スコーンに塗るあの美味しいクリームの本場でもありますが(ああ話がそれる…!)
中世ヨーロッパで大流行したトリスタンとイゾルデ(アイルランドの姫です)の悲恋の伝説。
中世音楽にも出てきます。また、後に、ワーグナーによってオペラ化もされています。
今回はその物語の始まり部分。トリスタンの騎士としての活躍とイゾルデとの初対面の物語を。
騎士トリスタンは戦っているときがすごくかっこいいのです…!!

二つ目はフィアナ騎士団の物語を。これまたヨーロッパの宮廷で流行したケルトの伝説です。
妖精の妻。そしてその息子、美しき騎士オシーンとの悲しい物語。
最後は今もお祭りが行われている聖パトリックにお話が繋がります。

三つ目はケルトの神話から、「ダグザのハープ」のお話をお届けします。
ハープの三つの能力、ご存知でしょうか。ハープ・セラピーのときにも大切な三つの能力。
その能力が出てくる、ケルトの神話です。
ほっとするようなほんわりした神話です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

muさんは、本や資料を読み込み、全て頭の中に入れたうえで、湧き出るご自身の言葉で
ストーリーテリングされます。
ある時は騎士のようにりりしく、ある時は妖精やお姫様のように麗しく・・・
まるでお話の登場人物が目の前にいるかのような、変幻自在なmuさんの描き出すストーリーテリングは圧巻です。
私たちハーパーズカフェも音楽で色を添えます。

皆様どうぞこの機会をお見逃しなく!


・・・おまけ・・・
この春渡愛したかずこさんが現地で購入された、ハープ小物の数々!!
ハーパーたるもの、ついハープ柄やハープ小物には敏感になってあちこち探してしまうものですが、
日本国内であるものは、ほとんどがグランドハープのデザイン。
トラッドハープのデザインは少ないのです。
これだけのトラッドハープデザイン小物は、ハーパーにはたまりませんね!!!
ハープ小物

他にもこんなものまで。
トリニティベア。
胸に小さなハープの柄入り!
さすが、ケルズの書と、アイルランド最古のハープレプリカがあるトリニティカレッジです。
皆様もトリニティカレッジにいらっしゃる時には、ショップで見つけてみてください。
トリニティベア
スポンサーサイト

【2015/08/09 18:00】 ライブ | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

Harper's Cafe

Author:Harper's Cafe
女性ハープデュオ、Harper's Cafeです。
二人ともハープを弾くことと
紅茶と英国とアイルランドが大好きで、
練習で集まるたびに紅茶とお菓子を
楽しんでいます。
カフェやギャラリー、美術館での演奏など
演奏依頼ご相談やコンサート感想など、
お気軽にどうぞ。
下のメールフォームからあるいは
harperscafe☆yahoo.co.jp
(☆を@へ変えてください)へどうぞ。

最新記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


Sally Lunn ~お日さまとお月さま~

QRコード

QR

カウンター

訪問者履歴

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。