FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
たかばたけ茶論コンサート御礼
たかばたけ茶論でのコンサート、無事終了いたしました。
奈良でもちょっと奥にあるこのお店まで足を運んでくださった皆様、ありがとうございました。

ハーパーズカフェは1999年に結成してから、今年で15年目になります。
2000年10月7日(土)に奈良のたかばたけ茶論でのコンサートをし、節目の今年、是非また同じ場所でコンサートをと、お願いしてのコンサートでした。

前回の演奏時は2台とも小型ハープでしたが、今回は大きなハープと小さなハープ2台での演奏です。

2,3日前までは曇り時々雨という予報が、当日はこれ以上ない秋晴れのよいお天気に。
ハーパーズカフェ、晴れ女パワー炸裂
澄みきった青空の下、のびのびと枝を伸ばすヒマラヤ杉から差し込む木漏れ日を感じながら、気持ちよく弾かせていただきました。(写真協力:とんがりやまさん ありがとうございました)
1.jpg
1部終了後立ち見だった方のためにと、席を立ってくださったお客様も何名かいらして、お気遣い、
ありがとうございました。

たかばたけ茶論オーナー、中村一雄画伯の絵画教室の生徒さんという、Kちゃん。
ハーパーズカフェの演奏を聴きながら描いた絵を、見せてくれました。
2_20140925012452f54.jpg
大人では遠目にはなかなか気づかない、ハープの青や赤の弦の色の違いまで描いてくれていて、子供の集中力と観察眼にびっくりでした。

そして、真打、中村画伯の絵。
2部の後半、あっという間に2枚のスケッチを仕上げられました。
3_20140925012453470.jpg
キュビズムなハーパーズカフェ、素敵です。

もう1枚はこちら。
4.jpg

そうそう。
2部で「シーベグ・シーモア」という「小さな妖精、大きな妖精」という日本語の意味の曲を演奏する前に、
「この曲はアイルランドの妖精の曲です。皆さんも妖精を思い浮かべながら聴いてください。」
と説明して演奏していると、心地よい不思議な風が背後から吹き始めました。
こんな風が吹いたのは、後にも先にも1部2部通してこの時だけ。
奈良の土地の神様が、覗きにいらしてくださったのかもしれません。

我々は気づきませんでしたが、宣伝にも協力してくださったTさんから、夕方に虹がかかっていたと後日うかがいました。
雨もぱらついてなかったのに、虹なんて、不思議。

思い返すと、15年続くハーパーズカフェですが、オープンエアーでのマイクなし演奏は、実はたかばたけ茶論だけだったかもしれません。
ハープの音が四方に拡散されて聞こえにくいかと思ったら、木々と土塀に囲まれた空間の中、思ったよりよく響いてくれました。
自然の中で弾く心地よさを満喫した、爽やかな一日でした。

こちら、中村画伯のお父様が使われていたものを投げ銭用に、とご用意くださった素敵な帽子、テンガロンハット。
           6_20140925014158e5b.jpg         
たかばたけ茶論をご紹介くださった、イラストレーターMさんの「ブラザーベルナルド」のレターセットを手にする、中村画伯奥様。
9_201409250153097bb.jpg
ご縁に感謝です。
中村画伯はもちろん、たかばたけ茶論の皆様、お世話になり、ありがとうございました。


おまけ。
ランチをした近くの南果さんのこの日のスイーツ。
     7_201409250139072d9.jpg
なんと、いちじく丸ごと入りロールケーキ!
こんなの初めて!
とろけるほど美味しかったです。


8_20140925012602033.jpg

芸術の秋、食欲の秋。
皆さまの秋をお楽しみください。


スポンサーサイト

【2014/09/23 21:00】 ライブ御礼 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ハープで紡ぐガーデンコンサート@たかばたけ茶論
暑かった夏も過ぎて、あっという間に秋の風が吹き始めました。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

この時期の大好物、いちじくパフェ!を先日いただきました。
       1いちじくパフェ
いちじくアイス、いちじく寒天、いちじくクリームケーキ、マスカルポーネクリーム入り いちじくタルト、ドライいちじく入りケーキ、いちじくのバームクーヘンといちじくジャム・・・いちじく尽くし!!
ぴゅあ樹光さんで、キャンセル待ちでいただけて嬉し泣き。
次はまた来年だそうです。

さて、ハーパーズカフェ、お茶してます・・・
2ティータイム

ではなく、ライブのお知らせです。

ハープで紡ぐガーデンコンサート
その昔文豪が集ったたかたばけの木々に囲まれたガーデンカフェで、午後のひととき、アイリッシュハープデュオのあたたかな音色をお楽しみください。
        harp_flyer.jpg

2014年9月21日(日)14:00~、15:00~(各回30分)
無料ただしオーダー要
たかばたけ茶論 奈良市高畑大道町1247(TEL0742-22-2922 火水休)
近鉄奈良駅より奈良交通市内循環バス10分、バス停破石町より徒歩5分 志賀直哉旧居横
演奏:Harper’s Cafe(ハープデュオ)
雨天の場合、アトリエ内での演奏に変更。


文豪が集った奈良のたかばたけにある、素敵なガーデンカフェ、たかばたけ茶論(さろん)でのコンサートです。

実は15年前、ハーパーズカフェ初めてのコンサートがこちらでの演奏でした。
ゆったりペースのハーパーズカフェですが、それでも15年の間に色々なところで演奏させていただき、色々な方々と出会い、お世話になりました。
パブやカフェはもちろん、明石の天文科学館プラネタリウムや明石市立文化博物館、大阪の国立国際美術館・・・
懐かしいです。
15周年、感謝の気持ちを込めて。
無料コンサートですのでお気軽にお越しください。
(ドリンクなどオーダーはお願いします)

たかばたけ茶論は、志賀直哉旧居横にある、画家の中村一雄さんのご自宅のお庭をカフェとして解放された場所です。
この土堀やお屋敷は有形文化財だそうです。
      3.jpg
樹齢が100年以上という、ヒマラヤ杉が涼しい木陰を作ります。
こちらのお庭で、ゆったり2台のハープデュオの音色をお楽しみください。
小鳥のさえずりが BGMになるかもしれません。
4お庭

雨天の場合、中村さんの絵があちこちにある、アトリエでの演奏となります。
        5CIMG5755.jpg

               6CIMG5754.jpg
洋館の1階内部も特別に見せていただきましたが、出窓のステンドグラスがまた素敵でした。
      7出窓

奈良のちょっと奥まった場所になりますが、たかばたけ茶論の横にある、志賀直哉本人が設計したという、モダンな志賀直哉旧居跡。
そして、春日大社の二の鳥居から高畑にぬけるひっそりしたささやきの小径(こみち)という散歩道があったり、(ただしうっそうとした木々の中の小道で、ひっそりしすぎて女性一人ではちょっと昼間でも人寂しい雰囲気なのでご注意を・・・)新薬師寺では、薬師如来を守護する日本で最古、最大の十二神将にも会えます。
芸術の秋、是非散策がてらお越しくださいませ。



【2014/09/04 00:00】 ライブ | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

Harper's Cafe

Author:Harper's Cafe
女性ハープデュオ、Harper's Cafeです。
二人ともハープを弾くことと
紅茶と英国とアイルランドが大好きで、
練習で集まるたびに紅茶とお菓子を
楽しんでいます。
カフェやギャラリー、美術館での演奏など
演奏依頼ご相談やコンサート感想など、
お気軽にどうぞ。
下のメールフォームからあるいは
harperscafe☆yahoo.co.jp
(☆を@へ変えてください)へどうぞ。

最新記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


Sally Lunn ~お日さまとお月さま~

QRコード

QR

カウンター

訪問者履歴

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。