FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
御礼 今年もありがとうございました
クリスマスが過ぎるともう慌ただしい年の瀬です。
今回はkumiが担当します。
ハーパーズカフェも弾きおさめ、しました。

まずはフィドルの笠村温子さんと私がご一緒させていただいたクリスマスコンサート。
今回は珍しくフォーマルな格好で。
りんくう総合医療センターのエントランスの天井は吹き抜けで、音がよく響きました。
りんくう1
車椅子の患者様方は、ご家族、看護士・看護婦さんに連れられてお見えになりました。
コンサート開始時間に合わせて点滴や治療をされていたそうで、病院なのに何故か教会で弾いているような、
不思議な感覚に包まれながらの演奏になりました。
きっとあたたかい病院の先生方、スタッフの皆様のお心によるものだと思います。
病院の看護師長の方のフルートアンサンブルによる楽しい演奏もあり、〆は皆様の歌と一緒にきよしこのよるを。
りんくう2
お誘いくださった温子さん、そしてすっかりお世話になりました温子さんのK先生はじめ、
病院長、スタッフの皆様、患者様、ご家族の皆様全ての方に御礼申し上げます。
皆様が早くご回復されることを祈っております。
この日いただいた花束のお花はまだ生き生きしています。
輪島コンサートでお世話になった金沢のTさんから、大好きな水仙も昨日届き、
生花が大好きな私はクリスマスから年末年始としばらくいい気分で過ごせそうです

そしてハーパーズカフェ2人での弾きおさめは、京都のアイリッシュパブDublinでの金子鉄心さんとの演奏でした。
鉄心さんのイーリアンパイプ、笛にリードしていただき、クリスマス曲も絡めて演奏させていただきました。
我々の今回のドレスコードはお帽子~
ダブリン
終了後はボリュームサラダとピザをいただいて。
ダブリン2 - コピー
(毎度のことながら、食べ物を前にする時が一番いい笑顔だと言われる。。)
鉄心さん、ダブリンさん、ありがとうございました。

今年も色々なところで色々な方々とご縁ができ、お世話になりました。
心より御礼申し上げます。
今年お会いできなかった方々にも来年はお会いしたいハーパーズカフェ2人です。

来年は結成15周年
我々のことですからきっとマイペースにはなりますが、またあちこち出没いたします
皆様とお会いできる日を楽しみにしております!
どうぞよいお年をお迎えください
スポンサーサイト

【2013/12/25 21:00】 ライブ御礼 | トラックバック(0) | コメント(0) |
クリスマスの演奏のお知らせ
ハープが似合うクリスマス
ちょっとだけいつもより忙しい私達です。

次回演奏お知らせを2つ。
どちらも予約・チャージは不要なので、お気軽にどうぞ

ケルトのクリスマス
ケルトシットルケでもおなじみ、カッコいいフィドルの笠村温子さんとkumi。
初の組み合わせの2人で、クリスマス曲をお届けします。
2人での演奏は14時から30分ほどです。

JASTAりんくうクリスマスコンサートVol.15
ケルトのクリスマス~フィドルとアイリッシュハープのあたたかい音色に包まれて~
日時 :2013年12月14日(土)14:00~
場所 :りんくう総合医療センター2Fエントランスホール
    〒598-8577 大阪府泉佐野市りんくう往来北2-23
    (南海空港線・JR関西空港線 「りんくうタウン駅」より徒歩
    3番出口から、人工歩道デッキを歩いて病院玄関ロビー(2階)へ)
演奏 :笠村温子(フィドル)、kumi(ハープ)
問合先:072-469-3111
    予約不要、入場無料

~ギネスに描かれたハープの世界へ~
京都の河原町御池にあるアイリッシュパブ、ダブリンにてイーリアンパイプを演奏される金子鉄心さんとハーパーズカフェで共演いたします。
鉄心さんの演奏の大ファンの私たち。
初めての共演で二人してワクワクしています!
演奏時間は19時~21時、予約やチャージは不要ですので
ギネスを飲みにふらりと立ち寄っていただけると嬉しいです。
Dublin.jpg
日時 :2013年12月20日(金)19:00~21:00
場所 :Irish Pub & Restaurant Dublin (17:00~26:00)
〒604-0924 京都府京都市中京区御池通り河原町東入るミレニアム御池ビル
(京都市地下鉄東西線:京都市役所前下車2番出口前)
https://www.facebook.com/pages/Irish-Pub-Restaurant-Dublin/268175993210765
http://dublin.kyoto-pontocho.jp
http://www.hotpepper.jp/strJ000954794/
Tel  :075-241-9155
演奏 :金子鉄心(イーリアンパイプス、ホイッスル) http://www.kanekotessin.com/#
Harper's Cafe/kazuko、kumi(アイリッシュハープ)

そして。
こちらは土曜日のウッドノートコンサートにいらしてくださったお客様、Nさんが、チラシの裏だけどと書いてくださったイラストです。
とっても嬉しかったのでご紹介させてください。

お客様の後姿
スケッチお客様
ようこさん
スケッチようこさん
kazuko
スケッチ小野田さん
kumi
スケッチkumi
絵になった私たち
Nさん、ありがとうございました



【2013/12/11 02:40】 ライブ | トラックバック(0) | コメント(2) |
ウッドノートライブ御礼
あっという間に師走、クリスマスも、もうすぐです。

ハーパーズカフェでのウッドノートでのクリスマスコンサートも土曜日に終えました。
今回はkazukoがお送りします。

ウッドノートでのクリスマスライブにお越しいただき、ありがとうございました!
たくさんのお客様に来ていただき、ちょっと窮屈で申し訳なかったですが
ハープと歌のコラボレーションを楽しんでいただけたかと思います。
ウッドノートは全て一からマスターが手作りされたあたたかな木の空間で、同じ木でできたハープとの相性抜群。
ウッドノート店内
高野陽子さんの歌とハーパーズカフェのハープの音がぴったりと合って、演奏している私たちもとても気持ちがよかったです。

最後にみなさんと大合唱した「きよしこの夜」で一足早くクリスマス気分に浸ることができたのも嬉しかったですね。
きよしこのよる

歌ってくださって、ありがとうございました。

そしてコンサート終了後のまったりセッションタイムも楽しいひとときでした。
ご参加くださった皆様、ありがとうございます!
セッション
ウッドノート名物チャーハンいただいて満足な三人。
チャーハン

近郊はもとより、九州や金沢、愛知など遠方からもお越しくださったお客様、全ての方に感謝申し上げます。
そしてウッドノートマスター渋谷さん、写真をたくさん撮ってくださったHさん、ありがとうございました!

【2013/12/10 00:18】 ライブ御礼 | トラックバック(0) | コメント(0) |
カトリオーナマッケイ・クリススタウトコンサート&アフターレポ
12月6日、我々ハーパーズカフェのウッドノートコンサート前日に、スコティッシュハープのカトリオーナ・マッケイとフィドルのクリス・スタウトのコンサートがありました。
こちらはkumiがレポートします。
 
いつもカトリオーナはかわいい恰好で登場するのですが、今回も真紅のコスチュームに、柄物のタイツ。金色のフラットシューズという出で立ち。
カトリオーナ
とってもチャーミングでした。クリスはまじめなスーツ姿。
その可愛さとは対極なカトリオーナの高度なテクニックを駆使した力強い演奏には圧倒されました。

全くチューニングを舞台でしていないし、弦が弓なりになるぐらいの力強い握力で弾く演奏に唖然・・・。
2部最初の曲では、よくオフィスで夏に卓上に置いておくような小型の扇風機のプロペラをハープに装着し、その風を使ってハープを鳴らして音を響かせたり、トラッドを超えた、実験的な音楽の域にまで踏み込んだ演奏でした。
ハープのレバーチェンジもすさまじく・・・

もう我々ハーパーズカフェ二人、曲の間でしばしば顔を見合わせ、
「あれ、どうなってんの?ありえない!」
とため息をつくばかり。

話は飛んで、ライブ後のCDサイン会で、
「この後、仲間で近くのパブに飲みに行くんです。」
と軽く話したら、
「私たちも参加するよ~!行く行く!」
なんて、嘘かほんとかわからない返事をされて、プロモーターの方に確認したところ、クリスが昨夜甲子園のホテル周辺に飲食店が少なく飲む場所を探し歩いていたとのことで、すぐ出てくるから楽屋口で待っていて案内してほしいという急展開に!

ちょうど居合わせた知り合いグループ一団で、ほんとに?ありえなくない?
なかなか来ないけど、ほんとに来るの??

と30分ほど楽屋口で待っていたところ、ホテルへ戻るために予約されていたタクシーがキャンセルされ、ほんとにお二人が現れました!!
我々びっくり。
カトリオーナはハープ担いでるし。
途中からは重い、と、クリスに持たせて、クリスはなんと自分のスーツを歩きながらぐいぐいとハープケースの中に入れ込んじゃったり。

たまたまこの日演奏だったHさん、Iさん、演奏中も大撮影大会になったり、途中ハープ持ち込んで無理やりエアハープ風に乱入したり、大変ご迷惑をおかけいたしました・・・。

クリス、お疲れにも関わらず、フィドル出してきて弾いてくれました。圧巻。
カプ
まさかカプリシカでこんな目の前でお姿拝見できるとは。
カトリオーナには、奏法についてちょっとだけ質問できたり、ハープケースにお二人のサインいただけたり、クリスにはギネスハーフパイント奢ってもらったり・・・
ほんとにサプライズな出来事でした。
カプみんなで
一緒にいることができた皆さん、ほんとにラッキーでしたね♡

ますますお二人のファンになっちゃいました。
そうそう、フィドルのクリス・スタウトはスコットランドのInstruments of the Year at the Scots Traditional Music Awards of 2013に決まったそうです!
おめでとうございます~。
【2013/12/10 00:12】 ライブ | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

Harper's Cafe

Author:Harper's Cafe
女性ハープデュオ、Harper's Cafeです。
二人ともハープを弾くことと
紅茶と英国とアイルランドが大好きで、
練習で集まるたびに紅茶とお菓子を
楽しんでいます。
カフェやギャラリー、美術館での演奏など
演奏依頼ご相談やコンサート感想など、
お気軽にどうぞ。
下のメールフォームからあるいは
harperscafe☆yahoo.co.jp
(☆を@へ変えてください)へどうぞ。

最新記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


Sally Lunn ~お日さまとお月さま~

QRコード

QR

カウンター

訪問者履歴

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。