次のページ
11/18@天六タイムブルー&11/23@岡本辰巳茶房アロマとハープのイベント
さて、東京ツアーが終わって、次は11/18(土)大阪、そしてこちらはハーパーズではなくkumiの演奏になりますが、11/23(木・祝)岡本のカフェでの演奏もありますのでご案内を。

まずは11/23(土)大阪、天神橋筋六丁目のタイムブルーのコンサートを再告知。
昨年もご一緒したこの4人での東京クレアホーム&ガーデンさんにて、そして翌々週には大阪のタイムブルーさんでもあります。

Féile mhór~秋の大祝祭~
アイルランドと日本が外交を結んで60周年の記念すべき今年、アイルランドのお話と歌、ハープデュオの音色と共に東京でお送りしたコンサートを大阪でも。
FBページ(FBをされている方は、以下のリンクからも予約可能です)
https://www.facebook.com/events/139146709962272
チラシ決定稿2017JPEG
大阪は天神橋筋六丁目のタイムブルーにて。
古民家2軒分をリノベートされた空間、商店街から一歩入ったこの地にこんな異空間が?とびっくりするほどの、素敵な空間です。
事前にご予約いただいた方には、ハーパーズカフェでも10月に演奏させていただいた、開店前1時間前から行列、開店後1時間で売り切れる神戸の人気焼菓子店、UNDERGROUND BAKERYにお願いしたアイルランドのケーキ、ギネスに漬けこんだドライフルーツのほろ苦いポーターケーキをご用意。
(ドライフルーツケーキが苦手な方は他のお菓子をご用意します、事前予約が必要なので、早急にご連絡ください)

(日時)2017年11月18日(土)15:30開演(15:00開場)
(場所)スタジオ&ギャラリー time blue タイムブルー
    大阪市北区天神橋六丁目2-3
    (迷った時など用のタイムブルーの当日連絡先電話番号は、ご予約後、個別にお知らせいたします)
    https://www.facebook.com/happy.timeblue/
    タイムブルー外観  
  タイムブルー地図データ
    (地図データ提供:上原奈未さん ありがとうございます!)
    天神橋筋六丁目駅(堺筋線・谷町線・阪急京都線)12番出口徒歩1分
    (ドラッグミックを左手に商店街を横切りそのまま直進)
    JR天満駅(環状線)北口より徒歩5分
(料金)お茶・お菓子付3,500円
(予約先)高野陽子 takanoyoko@gmail.com  限定20名様 ←残2席!
      お名前と人数をお知らせください。ドライフルーツケーキでOKかもご連絡ください。
      当日迷った方のために、タイムブルーさんの電話番号を折り返しお知らせするため、
      必ず上記メールアドレスからの着信ができる設定に変更願います。
      アンダーグラウンドベーカリーさんのケーキを前日夜kumiが神戸から仕入れて(!)きますので、
      お早めにご予約をお願いいたします。   

(出演)高畑 吉男(語り・ハープ)
    日本で唯一のfairly doctorとして、アイルランドを中心とした妖精譚を語る吟遊詩人として
    精力的に活動中。
    2010年、アイルランドに妖精学の為に留学。
    スライゴ、ゴールウェイ、北アイルランドなど、アイルランド神話の舞台を歴訪。
    ユニバーシティ・カレッジ・ダブリンにて民俗学をPeter Mcguire氏に師事。
    その後も、アイルランドと日本を行き来する。
    2012年、Storytellers of Ireland(アイルランドのストーリーテラー協会)に正式登録される。
    2014年より毎夏、ゴールウェイ大学にてアイルランド語を勉強、またアイルランド語の詩歌にも
    着手。

    高野 陽子(歌・バウロン)
    アイルランドをはじめとするケルト文化諸国の伝承歌を中心に、物語やメッセージを
    歌い継いでゆく‘旅する歌い人’。
    2004年頃からアイルランドへ度々通い、伝統的な歌唱法を学ぶ。
    近年は海外でのツアー公演も好評を得る。
    ケルト音楽ユニット、ライアー(竪琴)や沖縄三線の弾き語りソロの他、
    国内外の多ジャンルのアーティストと共演。
    2010年、1stCD「Leem」発売。2015年、CD「CELTSITTOLKE ケルトシットルケ」Vol.4に参加。

    Harper’s Cafe(ハープデュオおのだかずこ・kumi)
    1999年結成の女性ハープデュオ。ハープと紅茶をこよなく愛する二人。
    2012年に自主制作CDを発表。
    2013年発表の関西のケルト系ユニットのコンピレーションCD「ケルトシットルケ」Vol.3に参加。
    アイルランドやスコットランド、英国などの曲を主なレパートリーとして、関西のカフェ、パブなどで
    演奏活動中。

高畑さんのご尽力により、このイベント、アイルランド・日本外交関係樹立60周年記念事業認定イベントとなりました。
アイルランド大使館の60周年記念認定マークが入ってます!
ロゴにハープが入っているのが、ハーパーには嬉しいですね♪
認定

というわけで。   
皆様のお越しをお待ちしております!
8.jpeg


そしてそして、こちらはハーパーズカフェではなくkumiの出るイベントのご案内です。
ご縁をいただきまして、会場となる阪急岡本すぐの辰巳茶房オーナー、辰巳なぎささんのFBイベントページからご案内します。

癒しの空間・午後のティータイム!アロマとハープの演奏会
11月23日’祝・木)14時から、癒しの空間!午後のティータイム・アロマとハープ演奏会をします。
ハーブ演奏とアロママッサージのコラボになります。
2人
ハープの音色を聞きながら、アロマのマッサージを受ける!
なんと贅沢な時間、そして、英国菓子専門店のアンダーグラウンドベーカリーさんのスコーンのクリームティーをご用意いたします!
まさに究極の癒しの空間をご体験していただくイベントです。
ぜひ!お待ちいたしております。
なお、アロママッサージは、10名さまの限定とさせて頂きますので、ご予約の際にお申し付けください!先着順です。

日時:2017年11月23日(木・祝)14:30~(14:00開場 演奏は16:30頃終了予定)
場所:辰巳茶房 TEL:078-431-8810
    神戸市東灘区岡本1-14-18
    (阪急岡本駅南改札出て右(東)へ徒歩2分)
   https://www.facebook.com/events/125251824815830/
    http://www.tatsumi-sabou.com/
料金:3300円(クリームティーつき、紅茶飲み放題)
     アロママッサージ ハンドorヘッドマッサージ 各15分 別料金500円
    予約時にお申し込みください!限定10名様
予約:辰巳茶房 TEL:078-431-8810またはnagisa@tatsumi-sabou.com   
    ※前日、当日は100%キャンセル料金が発生しますので、 ご了承ください!
イベント内容:(入替なし)
①1st ステージ(演奏) 14時30分~
②2ndステージ     15時30分~

アロマセラピストのプロフィール♡
中口怜子
フォト 
(社)日本アロマ環境協会認定
アロマテラピーアドバイザー
アロマテラピーインストラクタ-取得
現在自宅でアロマサロンHarum Sariハーレムサリ-を開設
https://ameblo.jp/reiko-0107/

ハープ奏者のプロフィール
kumi (アイリッシュハープ)
CIMG8994_20171112161333a7f.jpg

幼少よりピアノを始め、キーボードで様々なジャンルのバンド活動に参加。
その後、アーサー王伝説~ケルト文化に興味を持ち、アイリッシュハープを学ぶ。
1999年から始めた女性ハープデュオユニット、Harper's CafeでCDを2012年リリース。
関西のケルト系ユニットのコンピレーションCD、「ケルトシットルケ」Vol.1、3に参加。
現在Harper's Cafeのほか、様々なユニット、アーティストと演奏活動中。
http://harperscafe.blog.fc2.com/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
kumiから一言・・・
先日3周年を迎えられたばかり(おめでとうございます!)の辰巳茶房さん。
笑顔が印象的な辰巳茶房オーナーの辰巳なぎささん
なぎささん
に以前某イベントでお声かけいただいたのがこのイベントのきっかけです。

打ち合わせに辰巳茶房さんにお邪魔してきました。
阪急岡本駅南口降りてすぐ右側の細い道をずっと行った先のビル
辰巳茶房1F
の2階に、こんな隠れ家的な素敵空間が。
辰巳茶房入口
まず紅茶のメニューの多さにびっくり!
打ち合わせ時には、オリジナル紅茶、甘い香りの栗紅茶をいただきました。
栗紅茶
ポットで出してくださるので、たっぷりゆったり楽しめます。
茶器がまたいい感じです。

最近和紅茶が注目されていますが、佐賀の和紅茶専門店「くれは」さんの、私が以前試飲して、何じゃこら?!と驚いた、熊本は水俣の天野茂さんの「天の紅茶」もこちらでいただけます。
12月にはしょうがとりんごをブレンドしたロイヤルミルクティーのオリジナル紅茶、雪りんごが登場予定だそう。
一人でまったりでも、友達とおしゃべりタイム過ごすにも、もってこい。
お店では色々なレッスンやイベントをされていますので、是非FBでチェックしてみてください。

クリームティーセット、当日は10月にお世話になった神戸の人気焼き菓子店、アンダーグラウンドベーカリーさんのスコーン2個!!がつくクリームティー。
ウバの紅茶が飲み放題だそうです。
皆様のお越しをお待ちしております!
【2017/11/12 17:23】 ライブ | トラックバック(0) | コメント(0) |
日野クレアさんコンサート御礼
そして2日目は日野のクレアホーム&ガーデンさんで、お馴染み語りの高畑さん、歌のようこさん、ハーパーズカフェの4人で。

昨年も来ましたが、600坪のお庭に立つ洋館は圧巻です。
1クレア前景
バラが似合いますね。
3クレアさんお庭バラ
朝顔がまだ残っている入口から中へ。
2クレアさん朝顔入口
本当にここはまるでかの地にいるような気にさせていただける場所です。
4クレア逆光

まずは美味しいランチをいただきました。釜で焼かれたいちじくのパンが美味!
5ランチ
ケーキもね。
6お茶

さて本番。
今回はアイルランドと日本の国交60周年記念のアイルランド大使館認定イベント
認定
ということで、アイルランド縛り。
でゅら
たっぷりアイルランドのお話と歌、曲をお送りしました。
クレアライブ

お客さまでいらしてくださった、歌い手でもあられる竹内篤さんがFBにアップしてくださった文章を許可をいただいたので一部ご紹介させていただきます。

・・・・・・・・・・・・
11/4 は、日野のクレア・ホーム&ガーデンでHarper's Café、高野陽子さん、高畑吉男さんによる「秋の大祝祭」へ。
アイルランド・日本外交関係樹立60周年記念事業認定イベント、という由緒あるものに参加しました。
関西からはるばる出張公演、おつかれさまでした。
Harper's Cafe は、前日に続いて"The Rights Of Man" というホーンパイプ曲を演奏し、そのハープでのアレンジに魅了されました。
1791年、ウルフ・トーンによって創立されたユナイテッド・アイリッシュメンは、イギリスに対して1798年の春、アントリム、ダウン、ウェクスフォードで蜂起を起こしましたが、そもそもその蜂起へと突き動かしたのが、1776年のアメリカ独立宣言と1789年のフランス革命でした。
1791年にトーマス・ペインThomas Paine によって著述された論文、"The Right Of Man" (人間の権利)も蜂起を鼓舞したひとつで、当時アイルランドで広く読まれ、そのパンフレットは、「ベルファストのコーラン」としても知られるようになったそうです。
その著作名を冠したホーンパイプ曲に、トーマス・ペインへの敬意とアイルランド独立への願いが込められて、今日まで何世代にも渡って演奏し続けられてきました。
(セッション・チューンというわけではないでしょうが、お祝いの席でのハープ・チューンとしては定番の佳曲で、トーマス・ペインにちなんだ曲名から、アメリカのオールド・タイム音楽でも親しまれているようです。)

1976 The Chieftains の Bonaparte’s Retreat にも The Rights Of Man について次のような解説がされています。
The Rights of Man is a hornpipe composed in honour of Thomas Paine’s historical treatise refuting Burke’s Reflections on the Revolution in France. Paine defended the revolution, in paticular the adoption of the Declaration of the Rights of Man by the National Assembly, The tune reflects the respect felt by defeated Ireland for the aspiration to freedom embodied in Paine’s treatise, aspirations not to be realised in Ireland for another 120 years.
・・・・・・・・・・・・
Rights of Manについて、更に認識を深めました。竹内さん、ありがとうございます。

お客様に出されたケーキとお茶。
お客様によって色々な種類のケーキ違いが供されたようで、お客様同士で、それはなんですか?と話もはずんだそうです。
7ケーキセット
休憩時間には、クレアの山崎さんのご厚意により、抽選で全員にあたるアイルランドくじというのがありまして!
下はクレアさんの絵葉書から、1等賞はなんとケルティックなネックレスまであり、そしてケーキ以外に、アイルランド祭りということでアイルランドの象徴、3つ葉のシャムロックの形の美味しいクッキーやお稲荷さん、みかんまでご用意くださり、お客様にとても喜ばれていました。
9休憩時
昼間は暑いぐらいのよいお天気だったのに、コンサートが終わった途端、急に雨が降り出しましたが、いらしていただいたお客様、大丈夫でいらっしゃいましたでしょうか。
ありがとうございました。

終了後クレアさんの暖炉の前で4人で。
8.jpeg

というわけで、2日の東京ツアー、無事ハーパーズカフェ終えました。
個人的には反省点てんこ盛りなのですが、また次回に活かしていきたいと思います。
11卓上花
いらしていただいた皆様、お世話になった方々、共演者の皆様、写真データをシェアくださった方々、ありがとうございました!
【2017/11/12 10:43】 ライブ御礼 | トラックバック(0) | コメント(0) |
高円寺ぽれやぁれコンサート御礼
台風が度々やってきたと思ったら、あっという間に秋色に染まってきました。
ハーパーズカフェ、東京へ行ってまいりました。写真で綴る御礼ブログアップです。

初日は高円寺で、アコーディオン藤野さん、ハープの梅田さんとのコンサート。
4人でのリハは当日のみということで、女子らしく(?)お土産交換などもしつつカラオケでのリハを。
4リハ
実は4人でのリハの前に、それぞれのユニットごとに、1時間のリハを取っていたのですが、kumiのロレイン、ハープケースを開けたら、弦が切れていたという。。
C弦の替えがもうなく、ぽれやさんでは油性赤のマジックでナイロン弦に色を塗って対応。なんとか事なきを得ましたが、ハーパーにとって、本番前に弦が切れると冷や冷やします。

さて、ぽれやさんの本番前に、また女子らしく(??)束の間お茶タイムも4人で楽しんで、ぽれやさん本番へ。
藤野さんが作ってくださったフライヤーが映えますね。
5入口ポスター
おばあさんがお茶?を飲んでる看板が目印。
お店のHPによるとスワヒリ語の“ポレポレ”とミャンマー語の“ヤァレヤァレ”からきているそうで、“ぽれぽれ”は『ゆっくり』、“やぁれやぁれ”は『大丈夫』という意味。
“ゆっくりで大丈夫” ぽれやぁれに来ていただいたみなさまが、“大丈夫、だいじょうぶ”と安心して、“ゆっくり”できるそんな空間になれたら、という想いが込められています。
とのこと。
6入口
ウッディーな雰囲気の、とても落ち着くお店です。

当日PA、藤野さん色々調整してくださって、ありがとうございます。
さて、まずはハーパーズカフェでスタート。
アイルランド、スコットランド、ブルターニュ、コーンウォールなどの曲をお送りしました。
7_2017111209133912d.jpg
8_20171112091342ccc.jpg

次に梅藤園登場。
うめふじ
お二人の自由に駆け巡る音の風景は素晴らしく、アイリッシュはもちろん、藤野さんオリジナルからラテンな曲まであったり、途中梅さんがハープ弾き語り、藤野さんがコーラスをつける曲もあったり、私たちも観客気分で楽しませていただきました。
梅さん、髪留めにしていたのがなんと、ハープチューナー。必殺仕事人のノリでした。

そして梅さんとハーパーズ、ハープ3台で。
梅さんとkumiが行った、アメリカのサマーセットWSで習った曲を、3人でのかけ合いで演奏したり。
うめは

藤野さんとハーパーズで、藤野さんが輝くケープブレトンセットと、kumiからリクエストした英国トラッドをプログレ風に演奏したり。
はーぱーふじ

最後は4人で。藤野さん立ち上がっての演奏。
4人
14_20171112091323e3f.jpg

身動きもできないほどのぎゅうぎゅう状態の中、じっと聞いてくださった皆様、ありがとうございました。
いつもいらしてくださるお客様に、今回は久々いらしてくださった方や、メールではやりとりしていたものの、初めてお目にかかった方、私が好きだったキーボーディスト、キース・エマーソンについて、プログレについて色々お話してくださった方、などなどいらして、演奏終了後も話は尽きませんでした。

その中にお一人KIKIさんが、ブログにコンサートの様子をアップしてくださいました。ありがとうございます。
こちらから↓どうぞ。
http://harpbyk.exblog.jp/
この夏、梅さんとアメリカのサマーセットのハープワークショップに参加するにあたり、色々アドバイスをメールでいただいた、日本人でおそらく初めて数年前に参加されたハープ弾き語りをされる方です。
冷房ががんがんきいて寒いとか、食事をするところがほとんどないとか、本当に細々と丁寧にご連絡くださり、ありがたかったです。
関東在住でいらっしゃいますが、12/3(日)には兵庫県は三田の教会でも演奏されるとのこと。
詳細KIKIさんブログをどうぞ。
お近くの方、是非いらしてみてください。私も行く予定です♪

というわけで・・・
沢山のお客様の対応に追われたマスターとお店の皆様、お世話になりました。
素敵なお店を紹介してくださった、2日目にご一緒した高畑さんに感謝です!

終了後まったり。
昔ヒッピーでいらしたというマスター安彦さんとのお話も弾みます。
綿を作ったりもされているとか。
今度はもっと少ないお客さんにしてね、まったりしたいよ、なんておっしゃって、一部の方はお分かりかと思う、まるで京都のウッドノートマスターを思い出してしまうぐらい寛いでしまえるお店です。
月桃茶という、東ティモール(ってどこ?と調べたらインドネシアでした)のお茶を淹れていただきました。
16まったり

演奏前にはご飯もいただきました。
玄米ご飯に有機野菜がとっても美味しかった!ご馳走様でした。
「沢山お客さん来られるなら今日はお客様のオーダーご飯はなし!」
とおっしゃるのを
「いえ、お客さまでご飯を楽しみにしておられる方がおられますから・・・」
と必死にお願いしたりして。
またお邪魔したいです。
15ごはん

お客様からべにふうきとエルダリーフラワーのお茶もいただき、ハーパーズカフェ、お茶成分補給完了です!
いつもありがとうございます!
17お茶お土産

・・・・・・
前日談
前日夜、某国大統領が来る前の厳戒態勢?の東京に到着したkumiは、2日目にご一緒する語りの高畑さん、ようこさんのライブを観に、戸越銀座の巨人のシチューハウスへ。
店長のアイリッシュのアランさん、確かに巨人ですね。
1巨人のシチュー
お二人の夫婦漫談のような呼吸ぴったりの演奏と語り、4人の時に比べて更に自由に世界を描いていて楽しく拝見しました。
ラストに、ようこさんの歌うダニーボーイ、高畑さんが、伴奏出だしをレバーセッティング取り違えてセッティング確認して!と私を呼ぶ・・・
という古典的ひっかけ(?!)にまんまとひっかかり、1曲伴奏させていただいてしまいました。
ようこさん、高畑さん、お邪魔いたしました。
シチューもとても美味しくて、ぽれやぁれに、巨人のシチューハウス、東京でまた行きたいお店が増えました。
2シチュー
【2017/11/11 11:05】 ライブ御礼 | トラックバック(0) | コメント(0) |
Féile mhór~秋の大祝祭~語りと歌とハープのコンサート11/4@日野クレア 11/18@大阪タイムブルー
梅藤園とのコンサート東京翌日は昨年もご一緒したこの4人での東京クレアホーム&ガーデンさんにて、そして翌々週には大阪のタイムブルーさんでもあります。

Féile mhór~秋の大祝祭~
実りの秋、芸術の秋。
アイルランドと日本が外交を結んで60周年の記念すべき今年、アイルランドのお話と歌、ハープデュオの音色と共に東京と大阪でお祝いいたします。
FBページ(FBをされている方は、以下のリンクからも予約可能です)
東京
https://www.facebook.com/events/645808359140222
大阪
https://www.facebook.com/events/139146709962272
チラシ決定稿2017JPEG

~東京編~
東京は日野の600坪のお庭に囲まれた素敵な洋館、クレアホーム&ガーデンでは、暖炉の前でゆったりとティーカップでいただくお茶と素朴な手作り焼き菓子をお楽しみいただけます。
コンサート前に早目にいらして、雑貨を眺めたり別料金にはなりますが美味しいランチもゆっくり楽しむというのもありです!
    クレアさんお茶とお菓子
(日時)2017年11月4日(土)14:30開演(14:00開場)
(場所)クレアホーム&ガーデン
    東京都日野市日野本町7-10-6    
    https://www.hotpepper.jp/strJ000773680/        
    JR中央線日野駅から徒歩15分、多摩都市モノレール甲州街道駅出口2から徒歩8分
    多摩都市モノレール「甲州街道駅」西側の国道20号線「甲州街道」を、下り方面の八王子方向へ。
    日野警察署を左に見ながら、新奥多摩街道入口の信号を右折してすぐの左手側。
    甲州街道駅から575m
    駐車場有
(料金)お茶・お菓子付3,500円
(予約先)クレアホーム&ガーデン TEL:042-582-1313(火~土10-18時) 限定20名様

~大阪編~
かわって大阪は天神橋筋六丁目のタイムブルーにて。
古民家2軒分をリノベートされた空間、商店街から一歩入ったこの地にこんな異空間が?とびっくりするほどの、素敵な空間です。
事前にご予約いただいた方には、アイルランドのケーキ、ギネスに漬けこんだドライフルーツのほろ苦いポーターケーキをご用意。
ハーパーズカフェでも10月に演奏させていただく、開店前1時間前から行列、開店後1時間で売り切れる神戸の人気焼菓子店、UNDERGROUND BAKERYの特別にお願いする焼菓子になりますので、皆様お早目にご予約ください。

(日時)2017年11月18日(土)15:30開演(15:00開場)
(場所)スタジオ&ギャラリー time blue タイムブルー
    大阪市北区天神橋六丁目2-3
    (タイムブルーの電話番号は、ご予約後、個別にお知らせいたします)
    https://www.facebook.com/happy.timeblue/
    タイムブルー外観  
  タイムブルー地図データ
    (地図データ提供:上原奈未さん ありがとうございます!)
    天神橋筋六丁目駅(堺筋線・谷町線・阪急京都線)12番出口徒歩1分
    (ドラッグミックを左手に商店街を横切りそのまま直進)
    JR天満駅(環状線)北口より徒歩5分
(料金)お茶・お菓子付3,500円
(予約先)高野陽子 takanoyoko@gmail.com  限定20名様
      お名前と人数をお知らせください。
      当日迷った方のために、タイムブルーさんの電話番号を折り返しお知らせするため、
      必ず上記メールアドレスからの着信ができる設定に変更願います。
      アンダーグランドベーカリーのケーキを前日夜kumiが神戸から仕入れて(!)きますので、
      なるべくお早めのご予約をお願いいたします。   

(出演)高畑 吉男(語り・ハープ)
    日本で唯一のfairly doctorとして、アイルランドを中心とした妖精譚を語る吟遊詩人として
    精力的に活動中。
    2010年、アイルランドに妖精学の為に留学。
    スライゴ、ゴールウェイ、北アイルランドなど、アイルランド神話の舞台を歴訪。
    ユニバーシティ・カレッジ・ダブリンにて民俗学をPeter Mcguire氏に師事。
    その後も、アイルランドと日本を行き来する。
    2012年、Storytellers of Ireland(アイルランドのストーリーテラー協会)に正式登録される。
    2014年より毎夏、ゴールウェイ大学にてアイルランド語を勉強、またアイルランド語の詩歌にも
    着手。

    高野 陽子(歌・バウロン)
    アイルランドをはじめとするケルト文化諸国の伝承歌を中心に、物語やメッセージを
    歌い継いでゆく‘旅する歌い人’。
    2004年頃からアイルランドへ度々通い、伝統的な歌唱法を学ぶ。
    近年は海外でのツアー公演も好評を得る。
    ケルト音楽ユニット、ライアー(竪琴)や沖縄三線の弾き語りソロの他、
    国内外の多ジャンルのアーティストと共演。
    2010年、1stCD「Leem」発売。2015年、CD「CELTSITTOLKE ケルトシットルケ」Vol.4に参加。

    Harper’s Cafe(ハープデュオおのだかずこ・kumi)
    1999年結成の女性ハープデュオ。ハープと紅茶をこよなく愛する二人。
    2012年に自主制作CDを発表。
    2013年発表の関西のケルト系ユニットのコンピレーションCD「ケルトシットルケ」Vol.3に参加。
    アイルランドやスコットランド、英国などの曲を主なレパートリーとして、関西のカフェ、パブなどで
    演奏活動中。

なんと、高畑さんのご尽力により、このイベント、アイルランド・日本外交関係樹立60周年記念事業認定イベントと相成りました。
アイルランド大使館の60周年記念認定マークがちゃんと入ってます!
このロゴ、ハープが入っているのが、ハーパーには嬉しいですね♪
認定
素敵なポスターを作ってくださったデザイナー様にも感謝です。

というわけで。   
アイルランド尽くしでお送りするイベント、皆様のお越しをお待ちしております!
クレアさん4人


【2017/10/06 20:10】 ライブ | トラックバック(0) | コメント(0) |
11/3梅藤園+ハーパーズカフェ秋のお茶会コンサート@高円寺ぽれやぁれ
急に秋らしくなってきた今日この頃。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

もうすぐ神戸の素敵な焼菓子店、UNDERGROUND BAKERYさんでの演奏ですが、芸術の秋、東京と大阪での演奏予定もありますのでお知らせを。

まずは東京の二大巨頭、アコーディオン藤野由佳さんとハープの梅田千晶さんとハーパーズカフェのコンサートのご案内。
この4人の共通点は全員がお茶好きであること。
お茶会コンサート開催決定!

以下藤野さんが美しく作ってくださったチラシから文章抜粋(注:ゆえ、原文そのまま)
アイルランドやスコットランド、ブルターニュの哀愁ある音楽を美しく奏でるHarper’s Cafeとダンスチューンほかアグレッシブなジャンルを得意とする梅藤園。
ぽれやぁれの美味しい紅茶や珈琲、ハーブコーディアルと一緒に秋の夜をお楽しみください。

梅藤園&Harper's Cafe Presents
秋のお茶会コンサート
梅藤園ハーパーズ_01-1 - コピー

(日時)2017年11月3日(金)19:00開演(18:30開場)
(場所)ぽれやぁれ
    東京都杉並区高円寺南3-44-16 (JR高円寺駅南口より徒歩5分)
    TEL03-3316-0315
    https://www.hotpepper.jp/strJ000989615/
    高円寺南口を出て、右手にあるPal商店街をずっと真っすぐ行きVillage Vanguardを右折し、
    SEIYUから70歩くらい歩いた左手。
(料金)2,800円+オーダー要
(予約先)strawberryb0115@yahoo.co.jp(藤野さん)
      ご予約はお名前、人数、連絡先を明記ください。  限定25名様
(出演)梅藤園
     藤野由佳(アコーディオン・うた)
     梅田千晶(ハープ・うた)
     Harper’s Cafe (ハープデュオ おのだかずこ・kumi)

梅さま(注:彼女の演奏テクニックの素晴らしさに人はいつからか「梅さま」と呼ぶようになった)のブログをこのブログ書くためにURL見ようと覗いたら、紹介文に「関西の大ベテランのデュオが久々の上京」とあって、大笑い。
年齢が大ベテランです、えぇ。
それに、お二人の楽器説明の後に「うた」と。
聞くところによると、梅藤園のライブでは、普段できないことをお互いチャレンジされてるそうで、梅さまのホイッスル演奏や藤野さんの歌うシーンもあったりとか、お二人のファンは必見!だそうで、これはもう観客気分で我々も楽しみな限りです。

実はこの夏、梅さまに誘われてkumiはアメリカのハープワークショップを受講してきたので、旅行話も飛び出すかも?
マイケル・ルーニーのレッスンとか、梅さまがストーカーになります!宣言をした、メイヴとか。(写真はマイケル・ルーニーと)
マイケルと
藤野さんとハーパーズカフェは春以来です。
DSC03085.jpg
4人での演奏も予定しておりますので、アコーディオン1台に絡む3台のハープの音もどうぞお楽しみに!

【2017/10/06 19:19】 ライブ | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

Harper's Cafe

Author:Harper's Cafe
女性ハープデュオ、Harper's Cafeです。
二人ともハープを弾くことと
紅茶と英国とアイルランドが大好きで、
練習で集まるたびに紅茶とお菓子を
楽しんでいます。
カフェやギャラリー、美術館での演奏など
演奏依頼ご相談やコンサート感想など、
お気軽にどうぞ。
下のメールフォームからあるいは
harperscafe☆yahoo.co.jp
(☆を@へ変えてください)へどうぞ。

最新記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


Sally Lunn ~お日さまとお月さま~

QRコード

QR

カウンター

訪問者履歴

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


| ホーム | 次ページ>>