次のページ
マスカーズライブ@伊丹クロスロードカフェライブのご案内
ブログでは直前のご案内になってしまいましたが、ハーパーズカフェではないですが、kumiが入っているユニット、マスカーズのライブのご案内を。
Irish, Scottish, Gaelic…Trad Music for you
アイルランドやスコットランドの曲を歌と共にお送りします
マスカーズクロスロードカフェライブチラシ
クロスロードカフェ15周年記念ライブ!
高野陽子2nd CD発売記念
マスカーズLive@伊丹クロスロードカフェ

日時:2018年5月26日(土)19:30開演(18時開場)
場所:クロスロードカフェ http://www.crossroadcafe.jp/ 
伊丹市中央3-2-4パラシオ中少路
阪急伊丹線伊丹駅より東へ徒歩7分
JR宝塚線伊丹駅より西へ徒歩7分
料金:2500円(1ドリンク付)
演奏:吉田文夫(Button Accordion, Concertina)
http://www.beatshop.co.jp/glen_music/
   高野陽子(Vocal, Bodhran)
http://takanoyoko.com/
   kumi (Traditional Harp)
http://harperscafe.blog.fc2.com/
予約:クロスロードカフェ crossroadcafe@icloud.com
(メール受診設定変更をお願いします)
Tel:072-777-1369
  (11:30-23:00木曜:11:30-21:30 定休日:火曜、第3・5月曜)
駐車場はございません
開演まで食事可
ココナッツベジタブルスープ(クスクス入り)

写真は打ち合わせの折に美味しかった、ガーナ人スタッフの肩が作られたベジタブルココナッツスープクスクス入り。お勧めです!!

伊丹の居心地よいクロスロードカフェでの一夜。
皆様のお越しをお待ちいたしております!
クロスロードカフェ


【2018/05/25 20:12】 ライブ | トラックバック(0) | コメント(0) |
2018年アイリッシュハープフェス御礼
kumiが眼を手術したり、色々バタバタしておりまして、ブログアップが遅くなって申し訳ありません。

今回はかずこが4月のハープフェス御礼ブログをアップいたします。
2018ロゴ
ハープフェスにいらしてくださったたくさんのお客様、ありがとうございました。
ワークショップとコンサートと、楽しんでいただけたかと思います。

今回は特別ゲストとして、海外から、ベルファストハープオーケストラを創設したジャネット・ハービソンが初来日されました。
彼女は今をときめくハープ奏者、グローニャ・ハンブレイやマイケル・ルーニーなどをオーケストラで育てていることでも有名です。
企画してくださった木村林太郎さん、村上淳志さん、いろいろと準備してくださった奈未さん、ジャネットを招聘するにあたって色々お世話された夏本さん、ありがとうございました。

WS1

写真はハーパーズカフェ2人とも受付や準備に奔走したワーショップの模様。
ジャネットが自ら飛んでステップを踏んで、リズムを初級ハープクラスで教えています。
なんともアグレッシブ、パワフルに皆をぐいぐいとひっぱっていくレッスンでした。
WS2.jpg
ワークショップ受付の恰好から急いで着替えて本番へ。
コンサート前
そしてコンサートの模様。
ハーパーズカフェはトップバッター。
コンサート
今回、ハーパーズカフェはブルターニュのメドレー、スコットランドの曲、アイルランドの曲と演奏しました。
コンサート2
ブルターニュの曲はちょっと不思議な音の響きになるので、すごく気に入っています。
MC1MC2
最後に演奏したCHANTER はkumiさんが昨年の夏にアメリカで受けたワ-クショップで習得してきた、弦に紙を挟むというテクニックを駆使して演奏してみました。
あんな面白い音になるなんて!
いろいろやってみると楽しいです。

そして最後は出演者皆で演奏。
皆で1
皆で2
ハーパーズの二人もジャネットのWSに参加したのですが、元気いっぱいなジャネットの演奏に心が躍りました。

以下は翌日ハーパーズカフェ2人も参加した、ジャネットの少人数ワークショップの模様。
少人数WS1
特殊技法も紹介くださり、参加者皆でびっくりでした。
少人数WS2
ベテランのジャネットの教え方も大変面白く、またぜひ日本に来て演奏してほしいですね。
ジャネットと



【2018/05/25 19:27】 ライブ御礼 | トラックバック(0) | コメント(0) |
2018年アイリッシュハープフェスティバル演奏のお知らせ
いよいよ、明日となりました。

ハープの一大イベント、アイリッシュハープフェスティバルのコンサートに出演させていただきます。
私たちは、ジャネットのワークショップを17時まで受講した後、18時からトップバッターでのコンサート出番になります。

今回はハーパーズカフェで4セット、ブルターニュ、スコットランド、アイルランドの曲を、ハープデュオならでは、私たちなりのアレンジでお送りします。

ぎりぎりまでアレンジをかずこさんも私も変更していってます。
もっともっとよくしたくて。
先週週末の合わせからお互い多分もっと変更しているはず。
明日最終リハでお互い確認ですが、大好きな曲ばかりの演奏、皆さんにお披露目できるのが楽しみです。
2018ロゴ
日時:2018年4月7日(土)開演18:00(開場17:30、20:00終了予定)
場所:いたみホール6F中ホール
料金:3500円
出演:Janet Harbison、坂上真清、シャナヒーduo、村上淳志、DoooRinn with u-full、Harper's Cafe
https://osakairishharp2018.amebaownd.com/
申込:メールにて、タイトルに「コンサート予約」、本文にご氏名(読み仮名も)と人数をご記入のうえ、tihfticket@gmail.comへ送信

各グループ20分の配分でおそらく休憩なし。
演奏後にホールにて出演者と歓談タイムがあります。

今年はアイルランドでハープオーケストラを創設された、ジャネット・ハービソンが来日、コンサートとワークショップもされます。
今日は豊中でのジャネットと淳志氏お2人のコンサートを、ハーパーズカフェ二人とも、観に行きます。

日時:2018年4月6日(金)開演19:30(開場19:00 受付物販販売は18:30より)
料金:予約 3,200円 当日  3,500円
場所:豊中市立文化芸術センター小ホール
https://michikon1433191.wixsite.com/janet/w-s
ハーパーズカフェ2人は、この金曜日から日曜のジャネットのワークショップまで受講予定。

写真は先週の練習時のおやつタイム。
れんしゅう

さくらももいちご大福と、いちごポッキーと共に。

桜はもう葉桜になりましたが、春の3日間、皆様とお会いできるのを楽しみにしております!
【2018/04/06 11:31】 ライブ | トラックバック(0) | コメント(0) |
2018年なんばセンパト御礼
今回もkumiがお送りします。
なんばセンパト演奏、終わりました。
当日は日焼けして頬がひりひりするほどのよいお天気に。
写真で振り返ります。

賑やかなセンパトイベント、歌の高野陽子さんの歌を中心にした選曲で臨みました。
1センパト演奏1
かずこさんにお借りした、ハープのとんがりにかけた、風でひらひらする緑のリボンを気にしながらも、演奏、無事終了しました。
2センパト演奏2
大阪センパトの女神、えなさん(お疲れ様でした!)、そしてAVALONのシャルルさん。
3-1えなちゃんシャルルさん
AVALONさんの模擬試合?の様子です。
3中世
マスカーズでご一緒しているアコーディオン吉田さんもグレンミュージックで出店されました。
4吉田さん
右のGさん着用シャムロックネクタイは、白いネクタイに、オレンジとグリーンのアイロンプリントの、なんとお手製!

そして、吉田さんが販売しておられたアナログレコードの中に、私の大好きなブルターニュのハーパー、Soazigのものが。
5ソアジグ
これ、CDで持ってますが、LPはこんなジャケットのイラストだったんですねぇ。
遥かな昔、NHKFMで、彼女の弾き語りのトラッドが紹介された時にひと聴き惚れした私。
私がハープを始めるきっかけは、アーサー王伝説のトリスタンと、このブルターニュのSoazigかもしれません。
きっかけはアイリッシュ音楽ではなく、ブルターニュだったんだなぁ・・・

4月のハープフェスで、歌のようこさんは、金属弦ハープの坂上さんのレクチャーコンサートに出演されますが、その、私がひと聴き惚れした曲もなんとお二人で演奏されるとか!
ちょうど私は同じ時間帯にジャネットのワークショップを受講しているために観ることができず残念ですが、きっと素敵なひとときになると思います。
ハープフェスは下でご案内しておりますので、皆様是非お越しくださいませ。

さて、センパトに戻って。
いつものシャムロックパンはもちろん、今回Meadやサイダー(アルコールです)もありましたよ。
6Mead.jpg 7サイダー
センパトとセンパトプリンセスとハーパーズカフェの図。
8-1センパトと
ダンシングようこさん。このソーセージドッグ、美味しそうでした!
9-1ダンシングようこさん
くまもセンパト仕様?
9-2センパトくまと
センパトパレードには、ドンキホーテのゆるキャラ、ドンキーも参加していました。
10ドンキー

そうそう、歌の高野陽子さんは、新譜を作られました。
11-1センパト
タイトルはモルーア、海の女神。
海外のミュージシャンとのコラボもあったり、私もマスカーズの一員として、2曲参加させていただきました。
内容はもちろん、中にもようこさんが撮りためた素敵な写真でいっぱい。
旅したくなるようなCD、お勧めです!

というわけで、いらしてくださった皆様、PAでお世話になった5th様、いつも大変な思いで準備して下さるスタッフの皆様、ありがとうございました!
久しぶりに会った知り合いが、センパトは1年に1回の同窓会みたいだよね~と言ってましたが、ほんとにそんな感じです。
また来年!!
12Yokoさんと
ハーパーズカフェ、次回演奏は4月のハープフェスコンサートです。
2018ロゴ
日時:2018年4月7日(土)開演18:00(開場17:30、20:00終了予定)
場所:いたみホール6F中ホール
料金:3500円
出演:Janet Harbison、坂上真清、シャナヒーduo、村上淳志、DoooRinn with u-full、Harper's Cafe
https://osakairishharp2018.amebaownd.com/
申込:メールにて、タイトルに「コンサート予約」、本文にご氏名(読み仮名も)と人数をご記入のうえ、tihfticket@gmail.comへ送信

ハープフェス前日は、アトリエリュシオルの夏本道子さん主催、豊中のホールでジャネットと村上淳志氏のコンサートもありますよ。
11-2みちこさんと

日時:2018年4月6日(金)開演19:30(開場19:00 受付物販販売は18:30より)
料金:予約 3,200円 当日  3,500円
場所:豊中市立文化芸術センター小ホール
https://michikon1433191.wixsite.com/janet/w-s

(次回4月13日(金)21時からの西宮のアイリッシュパブ、カプリシカでの演奏は歌のようこさん東京ツアーのため、アコーディオン吉田さん、フィドル井上さんとkumiの3人での演奏となります)


おまけ
★(古いと言われても・・毎年恒例、いつまで続く?)かわいこちゃんシリーズ★(全員にブログアップ許可いただいてます)
毎年素敵なドレスのセンパトプリンセスさん。
13ドレス
なんと、ご自身の手作りだそう!
後ろ姿も。
14ドレス後ろ姿
今年は会場後ろにあるドンキホーテも協賛ということで、ドンキの定員さん?
15セーラー服
この手もあるのか、という、セーラーセンパト。

こちらは色っぽいですね。
IMG_3704.jpg
こちらの天使、よだれかけ?も可愛いシャムロック。
16Cute girl
こちらも天使、あるいは妖精。
17girl.jpg
ほら、ちゃんと羽根もあります!
18girl背中
【2018/03/21 15:36】 メンバー紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) |
セントパトリックスデイイベント&アイリッシュハープフェスティバル演奏のお知らせ
さぁ、遅くなりましたがハーパーズカフェの演奏予定を。
まずは直前のアップになりましたが、大阪はなんばでのセントパトリックスイベントに、歌の高野陽子さんと出演します。
センパトチラシ
日時:2018年3月17日(土)
場所:とんぼりリバーウォーク(ステージはドンキホーテ前あたり)
出演:高野陽子(歌、バウロン)Harper’s Cafe(ハープデュオ、かずこ、kumi)
http://irishnjosaka.web.fc2.com/event.html
https://www.facebook.com/groups/inj.kansai/about/
私たちは13時から30分ほどの演奏です。
14時からはパレードもあり。
無料ですので、皆様何か緑のものを身につけてお越しください。

そして、ハープの一大イベント、アイリッシュハープフェスティバルのコンサートに4月に出演させていただきます。
2018ロゴ
日時:2018年4月7日(土)開演18:00(開場17:30、20:00終了予定)
場所:いたみホール6F中ホール
料金:3500円
出演:Janet Harbison、坂上真清、シャナヒーduo、村上淳志、DoooRinn with u-full、Harper's Cafe
https://osakairishharp2018.amebaownd.com/
申込:メールにて、タイトルに「コンサート予約」、本文にご氏名(読み仮名も)と人数をご記入のうえ、tihfticket@gmail.comへ送信

今年はアイルランドでハープオーケストラを創設された、ジャネット・ハービソンが来日、コンサートとワークショップもされるとのことで、ハーパーの皆様、とても楽しみにしておられると思います。
もちろん、私たちも!

このコンサート前日には、ジャネットとダブリンで活躍中の村上淳志氏お2人のコンサートもあります。
日時:2018年4月6日(金)開演19:30(開場19:00 受付物販販売は18:30より)
料金:予約 3,200円 当日  3,500円
場所:豊中市立文化芸術センター小ホール
https://michikon1433191.wixsite.com/janet/w-s
ハーパーズカフェ2人は、この金曜日から日曜のジャネットのワークショップまで受講予定で、楽しい3日間になりそうです。
いずれかで皆様とお目にかかれますように。


★おまけ1★
年が明けて、ハーパーズカフェでティールームへ・・・
二人
私が1月がお誕生日ということで、かずこさんがお誕生日お祝いにと、練習前に京都のThree Bearsでアフタヌーンティーをご馳走してくださいました~。
ATセット
とっても可愛い店内、3段プレートはやはりテンションあがりますね。

私からはかずこさんへのお誕生日お祝いに、フォトナムのクッキーを。
こんな可愛らしい缶、紅茶好きなら思わず買いたくなりますよね。
フォトナムくっき
そしてかずこさん宅での練習、
以前東京でのコンサートの折にお客様にいただいた和紅茶と共に。
練習
こちらはちょうど3月3日、雛祭りの日の練習の時のお茶。
かずこさん、お雛祭りの和菓子まで用意してくださいました!
私は、大阪に最近上陸した、デメララベーカリーのスコーン持参。雛あられと共に。
ohina.jpg
ハーパーズカフェ2018年、始動です。

★おまけ2★
先日、東京の銀座十字屋さんにkumiが友人とお邪魔した折に拝見させていただいたハープです。
なんと、現在20,000,000円(読めますか?!)のグランドハープ!!
1 2362
SalviのVictoriaです。
金箔が張り巡らされたボディ、きらきらと輝いてました。
某漫画の「黄金のMH」をつい連想してしまうおバカな私です。。

そして、こちらが本命、Una。
1 2363

この色、このデザイン、この感触、もうくらっときて、私に余裕があればすぐさまでもほしいぐらいでした。
A-Cの38弦。現在価格450,000円(上の値段を見た後だと、ほら奥様、お買い得に見えませんこと?)
独特の、シルクガットコパー弦がシルクガット弦と低音のスチール弦の間の中音部に配置されてます。
スチール弦とシルクガット弦の違和感の差を埋めるためにつくられたものだそうですが、面白いですね。
ほしいなぁ。
1 2405
私へのプレゼント、お待ちしております!(笑)
【2018/03/16 08:33】 ライブ | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

Harper's Cafe

Author:Harper's Cafe
女性ハープデュオ、Harper's Cafeです。
二人ともハープを弾くことと
紅茶と英国とアイルランドが大好きで、
練習で集まるたびに紅茶とお菓子を
楽しんでいます。
カフェやギャラリー、美術館での演奏など
演奏依頼ご相談やコンサート感想など、
お気軽にどうぞ。
下のメールフォームからあるいは
harperscafe☆yahoo.co.jp
(☆を@へ変えてください)へどうぞ。

最新記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


Sally Lunn ~お日さまとお月さま~

QRコード

QR

カウンター

訪問者履歴

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


| ホーム | 次ページ>>